TOP > 英揮ブログ > 多くの観光地ですでにARが採用されています!
AR
2017/05/25

多くの観光地ですでにARが採用されています!

英揮ブログ


こんにちは。英揮ビジネスの里嶋です。


前回のブログでは、

山陰海岸ジオパークのARアプリについてご紹介しましたが、

今回も引き続き観光地でARを採用した記事をご紹介させていただきます。



ポスターにスマホをかざすとAR動画が再生


出典:5月17日 YAHOO!ニュース ポスターから動画再生 百万石まつり


金沢商工会議所では、

6月に開催される第66回金沢百万石まつりのポスターにARを採用し、

ポスターにスマホをかざすとおまつりの紹介動画が再生されるとのこと。


このように、

地方のお祭りや花火大会などのポスターや、

観光パンフレットに掲載されている写真にARを採用し、

昨年のお祭りや花火大会の実際の動画を見せることで、

迫力あるお祭りや花火大会の雰囲気を体感でき、

実際に足を運ぶきっかけとなっています。



今後、金沢商工会議所では、

会報や商談会の資料にもARを付けて、

企業のホームページや経営者のインタビュー動画など企業情報の充実を図るとのことで、

ARはさまざまな形でみなさんに情報を発信することができます。




武将と一緒に記念写真も撮影できちゃう!


最近はお城巡りが話題となっておりますが、

大阪城観光をより楽しむためのARアプリを配信したとのこと。


出典:5月16日 YAHOO!ニュース 武将と撮影も、大阪城観光を楽しむARアプリ配信


このアプリで豊臣秀吉などの4人の武将と記念写真が撮影できたり、

無料配布されるマーカーカードを使えば、

手のひらにリアルな豊臣天守を出現させたり、

疾駆する真田信繁(幸村)を楽しんだりすることもできるとのこと。



また、現地に足を運べない場合でも、

実物大の大坂城豊臣天守をARで出現させることができたり、

その他さまざまなコンテンツが用意されているので、

大阪城に行って楽しむのはもちろん、

自宅でも十分楽しめるアプリとなっています。



また、京都の平安京でも観光アプリが配信され、

こちらはアプリを使って平安京の羅城門や西寺の跡地でスマホをかざすと、

CGで再現された羅城門と西寺の仏閣を見ることができるとのこと。


出典:5月16日 YAHOO!ニュース 平安京の羅城門、スマホARで再現 京都、観光アプリ配信開始


また、スタンプラリーで10か所すべてのスタンプを集めると、

先着100人に記念のクリアファイルがもらえるとのことで、

スタンプラリーによって性別・年代を問わず楽しみながら周辺を散策することができます。



弊社で提供している「COCOAR」でもスタンプラリー機能が搭載されておりますので、

ご興味がありましたらぜひともお問い合わせください。

 → 「お問い合わせ」はこちらから




 
(スタンプラリー機能について詳しくはこちらもご覧ください)


これからも多くの観光地でARが採用されそうです。


差別化を図るためにもいち早くARの導入をご検討してみてはいかがでしょうか?




■お問い合わせはこちら
 →  
お問い合わせフォーム

■わかりやすいCOCOAR2の案内動画はこちら
 →  
ARで印刷物のお悩みを解決!【COCOAR2】

■「AR」についてもう少し詳しく知りたい方はこちらから


 → 「ARとは」を見る 

 
 → 「導入事例」を見る

関連記事