<![CDATA[英揮ブログ]]> https://eiki-business.co.jp/blog/ Sun, 26 May 2019 18:05:53 +0900 Thu, 16 May 2019 11:50:08 +0900 CMS Blue Monkey http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss <![CDATA[10連休の成果はどこに?]]> https://eiki-business.co.jp/blog/2019/05/16/202 柿田川の湧水

ホントは会社を休みたくなかったのが本音。

とは言いながら、
本来の貧乏性もあって初日から予定をビッシリ。

まずは地元もバスでラーメン「ふくみみ」。

行列必至と聞いていきたくなった。



煮干し・細麺系でうまい。

ちょっと気になるのが、
あと味が濃いかな?



次は三島迄足を伸ばして、
うなぎで「桜屋」。



これで三度目も値上がりしたが、
柿田川の湧水で身を清められているからかやっぱりうまい。



豆腐アイスも美味でした。




三番目は、
つつじヶ丘駅前のやきとりの「鳥次郎」。

いただいたのは11種類。

自分の好みで
「もち豚」「しそ巻豚」「豚トマト」あたりかな。






毎日食べることだけと思われるのはシャク!


東京に来て初の豪徳寺。

有名な招き猫を拝見に。






勉強不足で猫だけでなく、
あの「彦根藩の井伊家」の菩提寺だったんだと。

歴代の藩主のお墓がいっぱい。

だから「ひこにゃん」とも縁があるのかな。


小田急沿線を久しぶりに散策。



この日はおとなしくスパゲッティの「五右衛門」。




あとは5月3日~5日迄の大國魂神社の「くらやみ祭」。





ゆっくりした日がなく忙しいGWでした。


確実に結果を残したのは、
体重3kg増。
]]>
Thu, 16 May 2019 11:50:08 +0900
<![CDATA[ポケモンと探偵と映画と]]> https://eiki-business.co.jp/blog/2019/05/13/201
今回ご紹介する映画は、
「名探偵ピカチュウ」となっております。

以下、あらすじになります。



あらすじ


主人公のティムの元に、
探偵を営む父親のハリーが事故で亡くなったという知らせが入る。

心の整理のために父の職場があるライムシティに訪れたティムは、
そこで人間の言葉を話すピカチュウに遭遇。

ハリーの相棒の探偵として活動していたピカチュウは、
ティムに「ハリーは必ず生きている」と言い聞かせる。


ピカチュウの言葉を信じたティムは、
彼と共に父親を捜し始めるのだが……。




リアルすぎるポケモンたち 「名探偵ピカチュウ」」の魅力


日本が世界に誇るコンテンツ、
ポケットモンスター」。

また、そのポケモンにおける人気キャラクターであるピカチュウにフォーカスを当てて製作されたゲーム、
名探偵ピカチュウ」。

黄色くて小さい愛くるしいフォルムはそのまま、
ダンディーすぎる低い声で喋るピカチュウが主人公のゲームは、
発売当時小さな話題になりましたが、
まさかそれが映画化するとは思ってもみませんでした。


なんといっても今作のキモは、
最新鋭の3Dにより細やかに描かれたポケモンたち。

アニメやゲームでは表現しきれない、
動くたびに揺れる毛並みや動物的な動き、
喜怒哀楽による表情の変化など、
生き物としてしっかり作り込まれたポケモンの描き方は恐ろしさすら覚えるほど。


あまりに作り込みがリアルなため、
予告映像や画像だけでは「リアルすぎて気持ち悪い」という感想が出てしまうかもしれませんが、
スクリーン上でイキイキと動いているところを見ればちっとも気になりません。


メインとして据えられているコダックや、
中盤で重要な役割を果たすフシギダネなどは可愛らしく描かれる一方、
龍がモチーフのギャラドスや、
ドラゴンがモチーフのリザードンなどはカッコよく描かれており、
劇中で画にメリハリがあったのもグッド。

また、パントマイムと不気味な表情で、
予告編が発表された際には悪い方向に話題となったバリヤードも、
映画館で見ると愛嬌を感じられて個人的には好きでした。


ピカチュウの声を担当したライアン・レイノルズの演技もまたよし。

どう聞いてもただのオジサンで、
ピカチュウ感は欠片も無いにも関わらず、
不思議と違和感がなかったのは、
彼の演技力に加えて、
オジサンinピカチュウの3DCGの完成度がかなり高かったからでしょう。


作品全体として、
ポケモンと人間の共存という一見したところ重そうな主題を掲げられてはいますが、
フタを開けてみれば子どもでもわかりやすい内容。

どんでん返しがあるようなストーリーではないので、
家族連れでも構えることなくゆっくりと観られます。


リアルなポケモンの一挙手一投足を見るだけでも価値のある映画で、
平成生まれのポケモン世代には間違いなくオススメできる一本です。

まだまだ全国で公開中ですので、
是非とも劇場でご覧になってみてはいかがでしょうか。




『名探偵ピカチュウ』公式サイト
https://meitantei-pikachu.jp/
]]>
Mon, 13 May 2019 11:30:12 +0900
<![CDATA[桜の次は桃だーよ!]]> https://eiki-business.co.jp/blog/2019/04/24/200 今年の桜は存分に、
開花宣言から卒業式、入学式が終えてもまだ楽しめました。


忘れていました。

今年こそ桃の花を!

山梨の桃源郷でピンクを存分に味わいたいと…。


予想では桜の長さからいって、
今年は1週間遅いと判断していたのにネットで調べると先週の日曜15日位が満開だと。

そんなばかな(今迄、高速道を通過中に横目で見るくらい)
でもすぐ落ちるわけないし…と。

現実は一部だけ満開で、
ピンクの絨毯は今年も幻か…。





釈迦堂PAで地元の方に聞きました。


「満開後すぐに上の部分の花を落とすんです」…と。

桜と違って確か枝のぐるりに花がついていてピンクがよりあざやかなんですが、
桜と違って桃の実を稔らせるのが目的で花が落ちるのを待てないのと、
枝の上部を稔らせられない為、
花を摘んだうえから見てもピンクが見えないわけでして。



結果、桃の出来に期待して納得するしかないか!


でも花桃はしだれもも、菊ももなどまだまだ見どころ充分でした。






ゆえに御坂峠から桃源郷は次の機会に。


峠から反対に下ると富士山が眼前に!!

久し振りに河口湖畔から楽しみました。






今回は富士五湖ウルトラマラソンに遭遇。


走る元気がうらやましい。

ここも外人さんがいっぱい。


〆はやっぱり「ほうとう」



花もダンゴも満足満足。


]]>
Wed, 24 Apr 2019 10:18:39 +0900
<![CDATA[ゴールデンウィーク期間中のお問い合わせについて]]> https://eiki-business.co.jp/blog/2019/04/22/199 こんにちは!EIKIの里嶋です。


いよいよゴールデンウィークが間近に迫って参りました。


誠に勝手ではございますが、
ゴールデンウィーク期間中は下記のとおり休業とさせていただきます。




 【休業期間:2019年4月27日(土)~ 2019年5月6日(月)】



休業期間中にいただいたお問い合わせにつきましては、
翌営業日より順次対応させていただきます。



もし、休業期間中に「お急ぎ」のお問い合わせがございましたら、

  担当の携帯電話に直接ご連絡いただくか、
  弊社メールアドレス宛てにメールにてご連絡いただくか、
  ホームページの「お問い合わせはこちら」からお問い合わせいただくか、

いずれも「お急ぎ」の旨がわかるようご連絡のほどよろしくお願いいたします。


内容が確認ができ次第、
改めて担当から連絡させていただきます。



期間中は何かとご迷惑おかけいたしますが、
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
]]>
Mon, 22 Apr 2019 19:42:21 +0900
<![CDATA[そうだ、動物園に行ってみよう。]]> https://eiki-business.co.jp/blog/2019/04/09/198
こんにちは 臼井です。

春の陽気になりました。

まだ寒かったり暖かくなったりしてますが数ヶ月前に念願の雪が降り積もる北海道に行きたい!
一人旅をしてみたい!を実行して来ました。


一人旅と言ってもツアーの一参加者でしたが、
今はすごいですね。

「お一人様OK」のツアーがたくさんありまして、
これも今時なんでしょうか(笑)

目的地は数年前からテレビで何度も特集や再現ドラマを見て
「行ってみたい!」と思っていた『旭山動物園』です。


有名になって数年、
相変わらずの人気でツアーが組まれるほどの人気の遊園地ですが入園料のお手頃さにびっくり。

ガイドさん曰く「市営だからです♪」とのこと。

なるほど、言われて納得。

都内にある上野動物園も多摩動物園もそう言えばお手頃なお値段でした。



やって来ました旭山動物園です!





動物園を楽しむ常識として良く言われるのが、
そう「モグモグタイム」のチェック。



たいてい入園して最初に目にする事のできるボードです。

どの動物の食事時間が書かれているものですが、
最初にこの時間表を写真に撮ったりメモしたりして楽しむのが通常です。

が、今回は敢てこの「モグモグタイム」を全部外して回ってみました。


理由=混雑を避けるため です。

確かに普段見ることのできない貴重な食事姿ですが、
混むんです。

ゆっくり満足するまで見て回るためには敢て人が混まない時間帯を選んで見るのも良いかな、
と今回はかち合わないように利用してみました。


傾斜の緩い雪道を下ってまず会いにいったのは。

アザラシです。



外のプールのアザラシ、
キモチ良さそうに泳いでいるその下には『アザラシ館』。

良くTVでも放送されているあの室内に吹き抜けのような作りで屋外のプールに繋っがっている円柱の水槽がありました。



縦に泳いでいるだけで楽しそうに見えるのはなぜでしょうか?

やっぱり自然に近い泳ぎを間近で見てるからなんですかね。


アザラシに満足して次に向かう前に温度計を発見。



-4.1℃

以外に寒くないです。

アザラシに興奮したからでしようか(照)

年に一度あるかないかの雪道を楽しみながら歩いた先に、
見つけました。


雪の中の猛獣です。




生息地的にはありえない雪の中のライオン!

雪が積もった広場に降りれず片隅の高いところにポツン。

都内の動物園ではなかなか見られない姿に「北海道に来てるんだなぁ」と実感しました。

カゼをひかないように・・・と祈りながら歩いて行くと。


ユキヒョウです。

実は多摩動物園で初めて見たときから大好きな猛獣なんですが、
全く見当たりません。



下の雪には足跡もなく、
室内に引っ込んでいるのかと残念に諦めようとしたら・・・見つけました!



檻の向かい側の空中にある遊び場にうずくまって寝ていました。

下から見上げると。



こんな感じです(笑)

ユキヒョウのこんな姿を見れるとは思いませんでした。

貴重な姿にまた興奮しながらも後ろ髪引かれつつ次に向かいます。


唯一時間をチェックしていたペンギンの行進です。

40分程のコースを練り歩くペンギンの通り道を両サイド横に並びながら人間は外で待機。

20分程待つとさすがに寒くなってきました。

この時の気温-5.4℃。



歩いていればさほど寒さを感じませんが、
じっとしているとさすがに寒いです。

足踏みをしながら待っていると・・・
やって来ました!ペンギンのお散歩です。



見えてきたのはキングペンギンでした。

キングペンギンは集団行動をする種類なので40分ものお散歩を飼育員さんの誘導でちゃんと歩けるんですね。

以前みた「ハッピーフィート」なる映画を思い出してみたり。

(キングペンギンが集団ダンスする映画です)


ペンギンたちが通り過ぎるのを見送ってから・・・
ラスト、最終目的のシロクマを目指します!


来ました。シロクマ館!



寒い雪の中だからこそ生き生きとしたシロクマを見たくてやってきたのです。

が、残念ながら写真で良く見る水槽に飛び込む姿は見られませんでしたが。



雪の中をぐるぐると歩き回ったり寝転んだり、
やっぱり寒さに強いんですね。

秘密は毛にあるそうで、
ヒグマなどの普通のクマは人間の髪の毛と同じ。

切断しても断面はソーセージのように中身が詰まっています。

シロクマはというとチクワのように中が空洞になっているそうです。

空気の層を作って挟むことで断熱効果があると・・・
つまり、寒い地域で見られる二重窓と一緒だそうです。

飼育員さんの受け売りです。ひとつ賢くなりました(笑)


そろそろ閉園を気にしつつちらちら雪が降る中レッサーパンダ、シマフクロウ、オオカミと見ながら門まで帰ってくると。


-6.2℃



寒いはずです。

最後に門をもう一度見つつバスの中へ。



初めての雪の中のマイナス世界の動物園。

警戒していた寒さを気にすることなく予想以上に楽しめました。

次は雪のない時期にの動物たちの姿を見に来るのも良いかもしれません。


これからますます春の陽気が続いてお出かけ日和。

混み合うかもしれまんせんが、
たまには近所の動物園に足を運んでみてはいかがでしょうか。

知らなかった姿を見れるかもしれません。]]>
Tue, 09 Apr 2019 09:39:00 +0900
<![CDATA[幻想的な夜桜を・・・]]> https://eiki-business.co.jp/blog/2019/03/28/197
こんにちは茉莉花です。

2週間ほど前、夕飯にふきのとうの天ぷらだけが

山盛りになって出てきました。


子供のころはあまり口にしなかった大人味なアイテム。


もう春だねって思っていたのですが、ここ最近

バタバタしてるうちにお花見の時期に突入です。


東京では27日、全国一番乗りでソメイヨシノが満開だとか。



ひとつの花が咲くのを日本中のだれもが

ここまで待ち焦がれているのってすごいことです。


世界的にみてもあまり例がないのだそうです。



ちょうど卒業式や入学式、新生活の始まりなど

桜の開花は人生の節目と重なることでより思い入れも強くなります。



しかも咲くのはほんの一瞬で儚く、散りゆく姿もまた美しい。



そんな桜の魅力をギュギュっと詰め込んだイベントが


毎年地元で行われておりまして・・・


少し紹介したいなって思います。



桜1本から始まった幻想的なイベント


私の地元では『幻の夜桜』と言われているものがあります。


『野川の夜桜ライトアップ』です。


もともとは地元の照明会社「株式会社アーク・システム」さんが

社員の花見用に私的にライトアップしたものでした。


最初は桜1本だけのライトアップでしたが

その美しさが近所で評判を呼び、2本~3本と増やしていって

ついには「野川の桜ライトアップを楽しむ会」と言う

市民ボランティア組織も誕生して現在のような

大規模なイベントとなりました。


本当に息を吞む美しさです。


桜が最高の見頃を迎えたこれ以上ない完璧な日が選ばれ

直前になるとホームページで開催日が発表されます。


株式会社アーク・システム
http://www.arc-system.co.jp/


しかも一夜限り、たった3時間のライトアップにも関わらず


昨年は過去最高の4万人以上の人が訪れたのだとか。



今年は果たして・・・いつになるのでしょう。


是非とも足を運んでみてはいかがですか?



きっと ”インスタ映え” 確実ですよ♪




野川の夜桜ライトアップ会場へのアクセス

京王線・国領駅から徒歩10分
京王線・布田駅から徒歩15分]]>
Thu, 28 Mar 2019 09:02:11 +0900
<![CDATA[“開花宣言” さっそく桜]]> https://eiki-business.co.jp/blog/2019/03/22/196



連日の暖かさで、

もう直前かと思われた「彼岸の中日」墓参りもそそくさと……。

新宿御苑に珍しく出掛けました。

中央線から、
ヘイ越しに花がチラホラ覗けていたので自信はあったけど
あとは、
人混み具合が心配。

案の定チケット売り場を8列くらいで長蛇の列。

しかし、さすがの御苑
中に入ったら、
広い広い。

あと、半分は外国人というのが不思議。





ご覧の如く、
ひとあし先に桜を満喫!!

実は今日が“開花宣言”があったんだってね!


最高でした。


唯一残念なのは、

風が強く砂ボコリが宙を舞っていて、
眼が痛かったこと。

大きな温室もあり、
そこも暑くバナナが実っていたし。






休日に新宿?
本人でもあまり考えられない行動。

実は訳ありなんです。


“新宿髙野フルーツパーラー”

50年間近くに居ながら、
知識としてはあっても、
新宿髙野に入ったこともないのに今回機会があったのです。

5Fのフルーツパーラー
まわりは全部女性?

そこで“苺のホットパイ”を食せたのです。

うわさの如く美味、値段も美味、
実は桜は“ダンゴ”が先だったんです。




]]>
Fri, 22 Mar 2019 08:50:58 +0900
<![CDATA[蜘蛛と宇宙と映画と]]> https://eiki-business.co.jp/blog/2019/03/20/195
今回ご紹介する映画は、
ゴールデングローブ賞とアカデミー賞の作品賞で二冠を獲得したアニメ映画、
スパイダーマン:スパイダーバース」になります。

以下、あらすじになります。

ネタばれも多少ありますのでご注意ください。



あらすじ


ニューヨークのブルックリンにある名門中学校に通うマイルス・モラレスは、
特殊な蜘蛛に噛まれてスパイダーマンとしての能力を得る。

突然手に入れた力に混乱するマイルスは街をさまよううちに本物のスパイダーマンに出会い、
教えを乞おうとするのだが、
その直前でスパイダーマンは彼の目の前で殺されてしまう。

途方に暮れるマイルスの元に現れたのはなんと、
別の宇宙からやってきたもうひとりのスパイダーマン=ピーター・B・パーカーで……。




集結する蜘蛛人間
「スパイダーマン:スパイダーバース」の魅力


本国アメリカはもちろん世界中で大人気のキャラクター、
「スパイダーマン」

映像化するごとに衣装デザインに変化があったり、
キャラクターの生い立ちに違いが出たりと、
マイナーチェンジを繰り返してきたこのキャラクターですが、
まさかスパイダーマンそれ自体の数が増えるとは誰も思っていなかったのではないでしょうか。


この作品のキモはなんといっても、
様々な宇宙から集まったスパイダーマンたちが登場すること。

赤い衣装のオーソドックスなスパイダーマンはもちろん、
白い衣装のスパイダーウーマン
モノクロ・フィルムの世界からやってきた渋い探偵のスパイダー・ノワール

さらには、
二足歩行の喋る豚であるスパイダー・ハムや、
ジャパニーズアニメーションチックなデザインのスパイダーロボと、
その搭乗者であるペニー・パーカー

王道、変化球、色物合わせてスパイダーマンの数は総勢7名と、
かなりの大所帯で登場します。

これだけ聞くと、
監督やスタッフが半ば悪ふざけで作ったトンチンカン映画に思われるでしょうが、
そうではありません。

荒唐無稽に思われる設定を上手に調理して製作された、
誰でも楽しめるヒーロー映画なのです。


まだスパイダーマンとして未熟すぎるマイルスが、
長年ヒーローを続けたことで少しやさぐれてしまった中年スパイダーマンであるピーターの導きによりだんだんと成長していくプロットはまさに王道。

時に助け合い、
時に喧嘩しつつも成長するふたりの物語へ、
上記のようなバラエティー豊かなスパイダーマンたちがエッセンスとして豪華に盛り込まれるのですから、
面白くないはずがありません。


個人的に注目して貰いたい点はやはり、
まるでコミックの世界を歩いているかのような、
アニメーションならではの映像づくり。

近影と遠影で微妙にブレをつけることで立体感を強調した映像処理、
全編にわたってカラフルな世界観、
マンガのコマ割りのような画面分割、
文字として画面上に表示されるオノマトペ、などなど。

コミックの映像化ということを強く意識したつくりは、
これまでどんなアニメ映画にも見ることが出来なかった革新的表現だったと思います。

特に、主人公のマイルスが摩天楼の屋上から飛び降りるシーンは必見。

地面に向かって落ちていくマイルスが、
まるで空へと上昇するようにみえる一連の場面は、
アニメーションならではというか、
実写ではたとえ100年経っても到達できない領域にある表現だと思いました。


終盤の展開をざっくりまとめておくと、


 多くの戦いや叔父の死によりマイルスがスパイダーマンとして覚醒、仲間の危機へ駆けつける

 →別の宇宙からやってきた6人のスパイダーマンたちを元の世界へ帰すことに成功

 →事件の首謀者であるキングピンと一騎打ちして見事勝利


 →新たなスパイダーマンとしてニューヨークの平和を護ることに……。



といった形で終わっていました。

スタッフロール後には続編を匂わす映像が挟んであるので、
最後まで席を立たないことをオススメします。


時折挟まれる小ネタは、
歴代のスパイダーマン映画を観ている人ならクスリとくること間違いなし。

もちろん、スパイダーマンを知らずとも楽しめる王道中の王道映画だと思うので、
是非とも劇場でご覧になってみてはいかがでしょうか。




『スパイダーマン:スパイダーバース』公式サイト
http://www.spider-verse.jp/site/
]]>
Wed, 20 Mar 2019 18:44:49 +0900
<![CDATA[ボクシングと家族と映画と]]> https://eiki-business.co.jp/blog/2019/02/19/194
今回ご紹介する映画は、
2015年に公開された「クリード チャンプを継ぐ者」の続編。

「クリード 炎の宿敵」になります。

以下、あらすじになります。

ネタバレもありますのでご注意ください。



あらすじ


ロッキーの指導を受け、ついにボクシングヘビー級世界チャンピオンになったアドニス・クリード。

長年付き合ってきた女性と結婚して子どもを授かるなど順風満帆な人生を送っていた彼に、
ロシア人ボクサーのヴィクターが挑戦状を叩きつける。

ヴィクターの正体を父の仇であるイワン・ドラゴの息子だと知ったアドニスは、
父のリベンジを誓って試合に挑むが返り討ちにあってしまう。

試合終了直前に行われたヴィクターの反則行為により辛うじて王者のベルトは守られたものの、
身も心もボロボロになったアドニスはボクシングと距離を置き始める……。




ヒーローの再起! そして……
「クリード 炎の宿敵」の魅力


「ロッキー」シリーズ最高傑作という声すら上がる「クリード チャンプを継ぐ者」の公開から4年。

待ち望んでいたその続編がいよいよ公開されました。

基本的なストーリーは「ロッキー」シリーズの「2」、「3」、「4」のイイトコ取りで作られた、
良くも悪くも既存ファンに向けた既視感のある話。

しかし、物語の柱として家族というテーマを据えることにより、
従来のシリーズと大きく差別化が図られています。


今作ではボクシングを通じて3つの家族について語られます。

ひとつが、伝説のボクサーであるロッキー・バルボアの家族。

もうひとつが、ロッキーの弟子であるアドニス・クリードの家族。

最後のひとつが、ロッキーにとって因縁の相手であるイワン・ドラゴの家族です。


息子と長年連絡を取っておらず孫の顔すら知らないロッキー、
偉大なボクサーである父親の栄光に怯えるアドニスと、
それぞれの家族が目を背け続けてきた大きな問題に向き合うことが本筋となっている今作ですが、
個人的には、ロッキー、アドニスの両者にとって大きなライバルとなるドラゴ家族の描写が素晴らしかったことを推していきたい。


ロッキーへの復讐のためだけに息子を育て続けたイワン・ドラゴと、
大きすぎる父の期待に応えるためだけに冷徹なボクシング・マシーンと化したヴィクター・ドラゴ。

親子の絆もへったくれも無かったふたりが、
互いにとって負の象徴だったボクシングを通して本当の家族になるというプロットはどこか見覚えのあるものの、
イワンを演じたドルフ・ラングレンの寡黙でシブい演技はもちろん、
格闘家であるフロリアン・ムンテアヌの映画初出演とは思えない存在感ある演技力がその点をしっかりカバー。

劇中の描かれ方も相まって、
序盤から中盤までは「このふたりが主人公なのでは?」と錯覚させるほどでした。


しかし終盤に近付くと、
敗戦によりウジウジしていたアドニスが生まれたばかりの娘との交流により覚醒。

主人公の座をライバルから取り戻します。

自分にはボクシングしかないということを改めて自覚し、
荒野の真ん中という過酷な環境下にあるトレーニング施設(通称:虎の穴)で身体と精神を鍛えなおし、
ヴィクターという最大の敵に真っ向から立ち向かっていく背中はまさにヒーロー。

これを見て泣かなければもうウソです。


修行の甲斐あり、
アドニスはヴィクターに勝利を収めますが、
今作においてもっとも重要なシーンはまだまだこれから。

リング上でスタッフや観客に祝福されるアドニスを、
ロッキーはひとりリングサイドから遠く眺めながら「これからはお前の時代だ」と呟きます。

この意味深なセリフは、
ロッキーがボクシング界から完全引退するということを示唆しており、
実際、シルベスター・スタローンは「ロッキーを演じることはもう無いだろう」といった発言までしています。


つまりこの映画は、
偉大なヒーローであるロッキーと観客が別れを告げるための作品でもあったのです。


その後の展開をざっくり書いておくと、
ロッキーは長年会うことを避けていた息子と再会、
アドニスは父親の栄光の影を振り払うことに成功し、
ドラゴ親子は仲睦まじくふたり並んでランニングするなど、
それぞれの家族問題は決着。

絵にかいたような大団円で映画は終わっていました。


「ロッキー」シリーズの全てが詰まっていると言っても過言ではないこの作品。

ロッキーに思い入れのある方は絶対に見るべき作品となっております。

上映中のところは少なくなっていると思いますので、
終了前にスクリーンで鑑賞してみてはいかがでしょうか。




『クリード 炎の宿敵』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/creed/index.html
]]>
Tue, 19 Feb 2019 08:13:37 +0900
<![CDATA[英揮ビジネス埼玉事業所の今日この頃2/8]]> https://eiki-business.co.jp/blog/2019/02/08/193

恵みの雨


EIKI GOです。


一昨日は久しぶりに雨が降ってくれました。

ちょぼちょぼ降った日はあったにせよクリスマスイブ以来の雨。

生活環境にも恵みの雨だったのでしょうか。


埼玉事業所付近の畑が今年初の霜で覆われた風景にホッとした自分がいました。




今冬の関東平野部の雪はあるのでしょうか。

季節にそぐわない気温の変化、ゲリラ豪雨や豪雪。

自然は怖い一面を持っていることを実感します。


あとひと月もすれば桜の開花情報や花粉の悩みがでてくるかも。

2019年スタートしたと思ったのがつい先日。

あっという間に日が進みます。

日が進むと同時に企業として人として成長できればと思っております。

寒暖差がある中、皆様には体調管理には気を付けて頂きたく
穏やかな毎日をお過ごしいただければ幸いです。

さあ今日も頑張っていきましょう!

EIKI GOでした。
]]>
Fri, 08 Feb 2019 19:24:17 +0900