TOP > 英揮ブログ > 身体を鍛えるにもARが!
AR
2018/05/14

身体を鍛えるにもARが!

英揮ブログ


こんにちは!EIKIの里嶋です。


ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたね…


気温も暖かくなってきましたし、

連休中は美味しいものを沢山食べただけに、

これを機会に自分のカラダを見つめ直そうとダイエットしたり、

定期的に運動をしようなんて思ってる方も多いのではないでしょうか?


ちなみに私も新年度始まったら…なんて思っておりましたが、

いまだになかなか重い腰が上がりません…泣



さて、トレーニング施設におけるARサービスについてご紹介します。


http://news.livedoor.com/article/detail/14462517/
AIとARモニター活用してトレーニングするジム展開
3/21(水)livedoorNEWS

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0326/mmm_180326_2573995494.html
AR技術で自分だけのトレーナーが登場!? 新感覚の『ARジム』がすごかった
3/26(月) 耳マン



Dr.ストレッチ 新宿メトロ店では、

AR技術を活用した鏡型モニター「ARC Mirror(アークミラー)」を導入し、

利用者に適切な運動を指導したり、

運動中に負荷を加えたりし効率良いトレーニングにつなげているとのこと。

Dr.ストレッチ フュービック広報 
https://www.facebook.com/fubic.pr/



Dr.ストレッチのARトレーニングは、

今ではモニター予約のお客様で溢れかえっている模様です!



話題の最新ARトレーニング!


この「ARC Mirror」はどんなものかというと…




FunLife株式会社
https://funlifejapan.com/


FunLifeが開発した鏡型モニターで、

鏡に表示される動きや指導内容に沿って利用者がトレーニングできます。


お手本となる動きを鏡に表示させ、

自分の動きのズレを鏡が検知して修正を促し、

一人でも自分の姿勢をセルフチェックしながら、

より専門的な指導を基にトレーニングできます。


正しいフォームでトレーニングが行えないと、

次のステップに進めないようです(笑)


イメージはバーチャルなAIのトレーナーが、

状況に応じていろいろと指導してくれるって感じですね。


モニターに取り付けたカメラや動きを読み取るセンサーなどのデータを基に、

AI機能が利用者の状況を判断し、

一人一人にあったトレーニングメニューや回数、負荷などが提案されていきます。


お店としても、

トレーナーが一人の人にずっとついている必要がなくなるため、

トレーナーが少人数でも多くの利用者をフォローできるようになるという。








『COCOAR2』とは全く別物ですが、

さまざまなところでAR技術が活用されてますね!


今後の「ARC Mirror」の展開もとても楽しみです





■ わかりやすいCOCOAR2の案内動画はこちら
 
 →  ARで印刷物のお悩みを解決!【COCOAR2】



■ 弊社の「AR作成サービス」について詳しく知りたい方はこちらから


 → 「ARとは」を見る 
 
 → 「導入事例」を見る

関連記事