TOP > 英揮ブログ > 家電カタログにもAR!
AR
2018/03/19

家電カタログにもAR!

英揮ブログ


こんにちは!EIKIの里嶋です。


いよいよ東京では17日(土)に桜の開花が発表されました!


平年より9日早く、
昨年より4日早い開花となりました!


それなのに、
今週の前半は雨の予報…


せっかくなので、
桜が少しでも長い間咲いていてくれるといいのですが…




さて今回は、

ビックカメラの「AR家電選び」のサービスについてご紹介します。


http://www.moguravr.com/biccamera-ar-2/

ビックカメラ、ARで買い物をサポート 対応商品を拡充

3/13(火) Mogura VR



ARで家電選びに失敗しない!


家電量販店のビックカメラは、

オリジナル新ブランド「TAG label」の商品において、

商品の大きさや色合いを目の前で確認できる「AR家電選び」のサービスを行っています。


お店で配布される商品カタログの背表紙をマーカーとして、

スマホの画面を通して現実に実物大の大きさで表示させることが可能となります。







今までのカタログは基本的には「見るだけ」でしたが、

ARアプリ「scale post viewer AR」と連動することで購買意欲を高める付加価値の高いものとなり、

商品訴求を展開する上ではとても重要なアイテムとなりました。


家電は決して安くなく生活に密接するものが多いだけに、

購入してから「しまった…」ということになると大変です。


購入する前にこちらのARアプリを使うことで、

スマホの画面を通して現実の風景映像に商品が実物サイズで表示されます。


そこで自分の部屋に実物サイズの家具や家電を置いてみて、

大きさや色合いやデザインなど、

生活空間にフィットするかどうか事前に確かめることができるので、

購入してしまってからの失敗や後悔を減らすことができます!


今後は家電だけでなく、

寝具や雑貨までの領域までをラインナップとし、

2018年中に100アイテムまで拡充する方針とのことで、

買い物がさらに楽しくなりそうですね!



ぜひこちらの動画もご覧ください!





余談ですがこちらのARアプリは、

なんと…日本円の紙幣でもマーカーになるようですよ!

(1,000円札、5,000円札、10,000円札の表裏に対応)


(参考)

ビックカメラ 家電選びをサポート!ARアプリで商品を実物大で確認
https://www.biccamera.com/bc/c/topics/actualsize/index.jsp

実物大表示アプリ「scale post viewer AR」の使い方
http://www.scalepost.com/viewer-ar/






■ わかりやすいCOCOAR2の案内動画はこちら
 
 →  ARで印刷物のお悩みを解決!【COCOAR2】



■ 弊社の「AR作成サービス」について詳しく知りたい方はこちらから


 → 「ARとは」を見る 
 
 → 「導入事例」を見る

関連記事